転職エージェント

デューダする?年収アップややりがいには転職イベントを活用しよう

デューダする?

よく電車の広告で転職イベントと一緒に見かけますね。

デューダ(DODA)は、転職イベントを主催するDODAは、転職者満足度NO.1の転職エージェントです。

実は、1956年に7人の学生が「自分たちの生活は自分たちの手で守ろう」をテーマに立ち上げた会社です。60年以上の歴史があるんですね。

「自分たちの生活を自分たちの手で」の考えに基づいていると思うのが、ユーザー主体、転職の場合は転職を考えている人と、よい人材を採用したいと思える会社を結びつけること。そして、成長の手助けをしよう、というところです。

成長のひとつの軸として、年収アップや会社のランクアップがあるのかもしれませんね。

企業との出会いの場として、転職イベントをどのように活用するといいかをお話ししたいと思います。

デューダの転職イベント


デューダの転職フェアは、東京、大阪、名古屋、福岡、札幌と全国で開催されています。

転職フェアやイベントというと東京、大阪のイメージがありますが、それ以外の地域でも十分チャンスがあります。

各地で開催できる理由が、「DODAが企業への営業をがんばっていること」、にあるのではないでしょうか。

転職を考えている人にとっては、自分のやりたいことや年収アップが目的になると思いますが、転職成功のためには採用する企業はどのようなことを考えて転職イベントに参加をしているのだろうか?という相手の立場にとって考えることが大事です。仕事でも同じですね。

「現在の年収をアップさせても雇いたい!」「いい人材が欲しい!」というのが企業のホンネです。

最近では、ウェブサイトでの採用が目立ちますが、実際に採用担当者の話を聞くことで会社の将来性ややりがい魅力を知ることができます。

転職イベントでどんなことができるの?

さて、転職イベントですが、多くの企業担当者と話をすることができる!というのが一番の魅力です。

その結果、自分の可能性にも気づくことができるのではないでしょうか。

就職、転職したい企業というとBtoC向けの有名な企業になりがちです。確かに、「グーグルで働いているんだぁ」などいえるとカッコイイですよね。でも「プログラマーなの?広告営業なの?事務なの?」といった業務の内容まではなしになることはあまりないのではないでしょうか。

「自分で働く」、ことを大事にしたとき、企業のブランドも大事ですが、「働き方」はそれ以上に大事です。

やりがいのある仕事、成長のある仕事、年収や成果に反映する仕事をぜひ考えてください。

転職イベントでは、普段知ることのない企業の情報を、採用担当の方から聞くことができます。

これまで聞いたことのない企業でも、給料が高かったり、仕事のやりがいがあったりなど様々です。

企業の採用担当者としても、転職イベントはアピールの場なのです。ぜひ、転職イベントで多くの企業の方と話をして、世の中にはいろいろな会社があり、自分が興味のある分野が採用を行っていることを知りましょう。

転職イベントにはどんな服装がいい?

転職イベントに行く服装も、「企業の採用担当者はどのような人と話したいだろうか?」と、相手の立場で考えることが大事です。

中には、「面接の場じゃないんだし」と、ラフすぎる格好で行く人もいますが、絶対にNGです。スキルが抜群の人で、目立つために逆ハリをする人もいますができるかぎりビジネスカジュアルの格好がいいでしょう

企業の採用担当者に、「この人なら一緒に働いてもらいたい」と思ってもらうことがスタートです。

「いい人だな」と思ってもらえれば、企業の魅力を十分にお話しいただけます。

スーツでも悪くないのですが、最近ではスーツの堅い印象よりも、ジャケットを羽織るくらいの軽い感じがいいですね。面接の堅い場ではないので、ぶっちぇけトークを聞くことができるのも転職イベントの魅力です。

転職イベントで気をつけた方がいいことは?

転職イベントで気をつけた方がいいことは、そのまま面接に進む可能性もあることです。

面接じゃないんだし、と振る舞うのはやめましょう。

転職イベントはあくまでも採用の場です。企業担当者としては、できるかぎりいい人に入社してもらいたい、というのがホンネなので、その場で面接が決まる人もいます。転職は、出会いや縁が大事だったりしますね。

また、知り合いに会う可能性もありますので、出会った時は、「転職することを前提で来ているのではないが、他にどのような可能性があるのか、業界の様子や営業にもなるかな、って来てみた」など、転職前提で来ていることは話さない方がいいでしょう。

実際、現職に残ることも、転職活動の選択肢です。

転職をすることによって年収もアップしますが、現職でもがんばれば年収がアップする可能性はありませんか?

自分のキャリアや働き方、やりがいと企業とを切り分けて考えることが大事です。「転職しなければいけない」「転職してはいけない」といった極端な考えはやめて、いろいろな可能性があることを忘れないでください。

デューダの転職サービス

さて、デューダは転職社満足度NO.1ということで、取り扱い求人数も日本最大級です。

転職サイトで求人を紹介するのと、転職エージェントとしてキャリアカウンセリングも行っています。

その中でも、非公開求人が豊富なのが魅力ですね。

転職イベントの出展や新卒の採用サポートも行っているので、DODAだけにある求人情報が豊富にあります。

DODAの取り扱い求人の印象ですが、資本力のある大手や外資が多いです。

いまよりも大きな会社、外資で成果にこだわりたいという人に向いています。

転職エージェントとしてのDODA

転職イベントや求人情報を中心に自分だけで転職活動を行う人もいるのですが、第三者のプロの意見はぜひ聞いてください。

「転職イベントに行ってみたいけど、何から初めていいかわからない」、「どんな準備、進め方がいいの」、「年収アップさせるにはどうしたらいい?」といった疑問にひとつひとつ答えてくれます。

同じような悩みを抱えている人は大勢います。また、あなたの持っている技術や経験を必要とする企業があります。

自分は、「営業なんだ!と思っていた人が、企画力が認められてコンサルタントになって年収や有名企業に転職した事例もあります。

「自分は○○だから○○しかない」といった思い込みを外すためにも、プロの意見を参考にしてください。

まとめ

DODAは、若手だとしても、ある程度のキャリアがある人に向いています。中小企業で働いていたが、大手でより大きな仕事をしたい、外資に挑戦したい、といった人であったり、大手企業から大手企業への業界を変えたりなどですね。

あまり現職に自信がない人は、業界最大手のリクナビNEXTや第二新卒に特化したマイナビジョブ20’sがいいでしょう。

キャリアや経験を少しずつ積み上げることで、年収アップや条件のよい会社へのステップアップにつながります。一度に大きなキャリアアップはリスクも大きく失敗する可能性もあります。

大幅なキャリアチェンジではなく、自分のやりがいや強みを、しっかりと考えることからスタートしてください。