転職エージェント

自分に何が向いているかわからない人にはマイナビジョブ20’sの適性診断がおすすめ

仕事をしていると、「この仕事は自分に向いているかな」とか、「自分の得意なことは活かせているのかな」と思うことはありませんか?

就活当時に「自分の強みは○○です」など面接でいっていた人もいると思いますが、実際に働いてギャップを感じる人が多いようです。

自分に何が向いているかわからない人には、「マイナビジョブ20’s」の適性診断がおすすめです。

マイナビジョブ20’sの適性診断ですが、キャリアアドバイザーが客観的な視点でアドバイスをするために使われているもので、キャリアカウンセリングを受ける前に適性診断を受け、その適性診断の結果をもとに客観的なカウンセリングを行っています。

マイナビジョブ 適性診断の流れ

マイナビジョブ20’sの適性診断は「良い・悪い」を判断するのではなく、「得意・不得意」な分野はどういったものか、を客観的にしめすものです。

適性診断を受けた人は、「自分の強みはどんな仕事で活かせるか」と得意分野を伸ばすことができたり、逆に「何が自分の弱みになるか」を知ることで無理をしてがんばることも減るようです。

実際にマイナビジョブ20’sの適性診断を受けた人の感想

実際にマイナビジョブ20’sの適性診断を受けた人の感想です。

マイナビジョブ20'sの適性診断の感想1

私自身の特徴を確認するための良い機会になりました。自分の強みや特徴をどのように仕事で活かせるかというところが具体的にイメージができ、とても参考になりました。

マイナビジョブ20'sの適性診断の感想2

苦手な部分について客観的にフィードバックを受けれる点がありがたかったです。自分の苦手な部分を考えて仕事選びを行い、苦手を克服するために何を気をつければよいかを考えるきっかけになりました。

マイナビジョブ20'sの適性診断の感想1

自分の仕事スタイルをわかりやすく確認できました。どのような仕事が自分にむいているか、今まで漠然としたイメージでしたが、具体的なビジョンを持つことができました。

自分の特徴や得意分野を客観的に判断してくれることで、納得や自信につながります。

「自分では人とのコミュニケーションが得意だと思っていたけど実際はどうなのかな」といった感想も、「やっぱりそうなのか!」と思えるんですね。

マイナビジョブ20’sの適正診断


マイナビジョブ20’sの適性診断は、毎年世界中で数千万人の求職者が利用する世界最大級の適性診断を行っている企業の協力のもと開発されています。非常に豊富なデータを持っているからこそ、何が得意か不得意かの適正を客観的に割り出すことに高い信頼性があります。

設問と自分の行動スタイルを照らし合わせながら、診断内容に回答していき、仕事に関する自分の特徴を客観的に、9つの側面から判断することができます。

また、この適性診断は無料でしかもスマホで受けられるのも魅力のひとつでしょう。

キャリアカウンセリングの内容


適性診断内容をもとに20代専門のキャリアアドバイザーのアドバイスを受けることができます。

マイナビジョブのキャリアアドバイザーは、年間1万7千人以上の人が登録していることもあり、「本当に転職が必要なのか」から相談できるのが、他の転職エージェントとの大きな違いですね。

また、マイナビは企業の人事部とのネットワークがあるので、企業が求めている人物像がわかったり、どういった企業でどんな人が、またどういった職種で活躍しているのかを知っているので、自分だけではわからないことに対して的確にアドバイスをいただけます。そして、20代の他の人はどのようにキャリアを考えていて動いているのかも知っているので、適性診断の結果をもとにひとりひとりにあったアドバイスをすることができます

マイナビジョブ20’sの適性診断を受けるまでの流れ

適正診断は、公式サイトでサービスの申し込みと、来場予約をすることで無料で受けられます。

スマホでも受けることができるので、パソコンを持っていない人もわざわざネットカフェなどに行く必要がないので便利ですね。

そして予約をすると、マイナビから連絡が来る流れとなっています。

ぜひ、「自分の強みや得意なことってなんだろう?」、「自分の強みを仕事に活かしたい」と考えている人はマイナビジョブ20’sの適性診断を使ってください。