未経験からの就活にマーケティング、マネジメント、会計の知識と資格

未経験での就活での難しいことに他の候補者との差別化があります。

職歴での比較、例えば同業での転職ならば会社が違っていたとしてもやることのイメージがつくため、面接官は候補者が自分の会社で活躍できるかどうかの判断ができます。A社の生命保険のトップセールスマンが同じ生命保険を扱っているB社に移ったとしても同じような活躍が期待できます。

また業界が異なる場合、先ほどのトップセールスマンが自動車のディーラーに転職する場合はどうでしょうか。業界が異なる場合は、どのような営業手法を使い売上を上げていたかがポイントになりますね。対面のセールスを行っていたのなら、自動車業界に移ったとしても活躍ができそうです。

しかし未経験からの就職の場合、比較できる職歴がないため、アピールするところが弱くなります。そしてアピールできる経験がないため面接に自信を持って望むことができずNGとなったり。

そこで知識や自信の獲得に役立つのが資格勉強です。職歴の資格の欄に資格が記載されていることも大事ですが、資格勉強をとおして身につけた知識と自信が一番役に立つでしょう。

「○○の資格を持っています」ではなく、「○○の業界に興味があったので知識を身に付けるために○○の資格を取得しました。この知識や資格を獲得するうえで自信は御社でも役に立てることができると思います」と面接に自信を持っていうことができます。

では、どのような資格を取得するのがいいか。

弁護士になるのなら弁護士資格。医者になるなら医師免許。ドライバーになるなら運転免許などなど、業界ごとに必要な資格はいくらでもあります。

ここで提案するのは、まず会計、マーケティング、マネジメントのビジネスの基礎となる知識を身につけてはどうか?、ということです。

会計、マーケティング、マネジメントの知識は業界業種を問わず必要とされる知識です。

経理だけが会計の知識を持っていればいいかといえばそうではなく、営業や企業の経営者ならば会計の知識は必要です。

また、マーケティングの知識はマーケターだけが持っていればいいかというと、企画の人も持っていた方がいいでしょう。

マネジメントにしても、「もしドラ」でも有名になりましたが、マネジメントスキルはビジネスに関わる人にとって重要なスキルとなっています。

マーケティング、マネジメント、会計の知識を身に付けるには?

資格の勉強写真
では、一番最初に学んだ方がいいマーケティング、マネジメント、会計の資格にはどのようなものがあるのでしょうか。

会計の知識を身に付けるなら日商簿記3級

まず資格の王道ならば、日商簿記3級だと思います。

名前を聞いたことがある人も多いと思いますが、簿記3級の資格は経理の基礎になります。簿記とは会社の売り上げなどの数字の記録の仕方になるので、営業や経営者の方も幅広く取得されています。

特に簿記3級は学習期間も短く、受験のチャンスが年3回あるので資格の取得に人気です。

有名で人気なのですが、実際に持っている人は意外に少なかったりします。

理由は、各回で7~8万人受験しているのですが、合格率は40%~55%くらいと半数が落ちているためです。簿記3級だとで多くの受験者が受験勉強、準備をしっかりしないで受験しているのも原因のひとつでしょう。また一度落ちてしまうと再受験をしない人も多いのもあるかと思います。

試験勉強に共通するコツは過去問しっかり解けるようになること。一度落ちたとしても受験の雰囲気がつかめるので、確率も5割ならば合格の可能性が大きく高まります。

マーケティング、マネジメントの知識を身に付けるなら販売士3級

日商簿記と違ってあまり知られていないのが販売士の資格ではないでしょうか。

販売士の資格は、その名のとおり小売りの販売に携わる人が受けるものです。

しかし、どのようなビジネスも商品やサービスの販売で成り立っています。そのため、販売士3級の資格で学ぶことができるマーケティングの基本的な考え方や販売技術、マネジメントの知識はどのような仕事役に立ちます。

販売士3級は日本商工会議所が実施する公的資格です。試験の開催日が年2回と数が少ないので、資格を持っていることは他の候補者との差別化につながります。

またマーケティングやマネジメントの体系だった勉強をすることは、経済の仕組みがわかるきっかけにもなり自信にもつながります。

資格の勉強方法

資格の勉強方法はいろいろありますが、まずはどのような資格、試験なのか知ることから始めるといいでしょう。

そこでおすすめするのが、【オンスク.JP】
というオンライン学習サービスです。

このサービスの無料講座で、すべての初級問題に挑戦することができます。また無料会員の期限はなく、自動で有料に移行する心配もありません。

有料は月980年なのですが、無料の違いは、

販売士3級は、無料は126問、約20分の動画講座。有料は384問、約12時間の動画講座。

簿記3級は、無料130問、約35分の動画講座。有料は341問、約8時間の動画講座、

があります。まず無料の動画講座や問題を解いてみることで資格の概要をつかむといいですね。

また、FPや宅検、色彩検定など講座は充実しているので、興味のある資格の勉強をするのもいいと思います。

オンスク.jpの無料講座の詳細はこちらから


様々な資格学習が980円でウケホーダイ!【オンスク.JP】



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする