未経験の大学中退から第二新卒を利用して正社員になるおすすめの方法

「第二新卒」というと、大学卒業生だけを対象としているイメージはありませんか?

採用する企業としては、募集要項に第二新卒とあったとしても、必ずしも「大学卒業」を必須としていないところもあります。大学の入学試験を突破したことを評価していただける企業もたくさんあります。

大学の入試のためには、「大学入学」という目標を立て、「入学試験」という締め切りがあり、そのために「試験対策・試験勉強」をしたと思います。「目標」を立て、「締め切り」を設定して、「課題」をクリアする。これは仕事でも使われる大事な考え方です。そのため、大学に入学した経験を評価してくれる企業もあるのですね。

それでも大学を中退した場合、大学を卒業した人と比べて不利になります。「なぜ大学を中退したのですか?」と聞かれても、「なぜ大学を卒業したのですか?」とは聞かれません。企業は、「大学を自分の都合で辞める人は、会社も自分の都合だけでやめるかもしれない」、と考えます。

大学を中退する理由は、人間関係や家庭の事情、教授との不仲、やりたいことと違ったなどなど様々だと思います。

そこで、「大学は○○の理由で辞めましたが、その問題は○○で解決したので大丈夫です。」と、大学は中退したが、仕事は継続できる、がんばれると納得してもらう必要があります。

大学中退から正社員になるにはどんな手段があるのか?

第二新卒を利用する以外にも、正社員として就職する方法はいくつもあります。

縁故・コネの利用

例えば、親戚や友人の「コネ」を利用すること。「コネ」を利用するというと悪いイメージがありますが、縁故入社は一般的な方法です。採用する会社としても、「○○さんの親戚、紹介だから」ということで長く働いてくれるイメージがつきやすいのでしょう。また、採用するためには求人広告を出したり費用がかかるので、経費削減にも役に立ちます。

学校に入る

他にも、大学に入り直すことや専門学校、資格の学校に入るのも選択肢の一つでしょう。いまさら学校に通うとなると遠回りにも見えますし、年齢を重ねることで同級生よりも不利になる可能性もありますが、自分のやりたいことが明確な場合は、やりたい仕事が必要とする資格や経験を修得するためにも役に立ちます。学校では就職の支援・サポートを行っているところも多いので、就職の判断もできます。

非正規・契約社員で働き、正社員雇用を目指す

自分の就職したい企業がはっきりしていたり、なりたい職業が明確な場合は、その企業のアルバイトや契約社員で働き、正社員雇用を目指すこともできます。インターンシップを行っているところもありますね。企業としては、どのように働いてくれるのかがわかるのでリスクも減るのですが、正社員と非正規社員では人件費が大きく違います。企業の本音としては、非正規のまま働いてもらうのが理想なのですが、ただ本人のやる気のために正社員をちらつかせるが、実際には正社員にはしない、といったことも問題になっています。非正規・契約社員から正社員を目指す場合には、その企業がどれくらいの人を正社員雇用にしたのかが大事な確認点です。

自分で起業する

正社員ではないですが、自分で起業をするのも可能性のひとつでしょう。
以前とは違い、簡単に起業することができるようになりました。アイデアがあるようならば起業もひとつの選択肢だと思います。

プログラマーになれるIT系資格のスクール

具体的な職種への就職を目的とした場合、専門学校以外のスクールもあります。

その一つがプログラマーやエンジニア向けのスクールです。受講料も有料のものから無料のものまで幅広くあります。

無料でITエンジニアを目指せるネットビジョンアカデミー



ネットビジョンアカデミーは専門のインフラエンジニアを目指す東京にあるスクールです。企業からの支援金で運用しているため受講料は無料です。

インターネットが普及するにつれて、インフラエンジニアも必要となるのですが、スマホなどの普及にエンジニアの数が追いついていない状態です。ネットワークの資格であるCCNAなど技術は一般的になっていることもあり、高収入を目指したり、またフリーランスを目指す人も多いのが特徴です。



プログラマーとして可能性を追求したいならコードキャンプ



コードキャンプは、一部上場企業のフューチャーアーキテクトのグループ会社が運営するオンラインのプログラミングスクールです。

現役のプログラマーがマンツーマンでプログラミングを教えてくれるのが魅力です。

無料の体験レッスンがあり、プログラマーの働き方などもレッスンを受けながら質問できるので、プログラミングをやったことが無いけれども興味があるという人は、無料レッスンを受けるといいでしょう。



Webサービスを目指すなら、ベンチャーのCTOのチェックを受けられるポテパン



Rubyという日本発の開発言語があります。Rubyは開発の取得が他の言語に比べて簡単なことや、スピードが重視されるウェブサービスの世界でスムーズな開発ができることで重要視されています。

ポテパンキャンプでは、このオンラインショッピングのウェブサービスの開発を通して、Rubyの修得を目指します。

通常、費用として10万かかるのですが、ポテパンキャンプを利用して就職した場合キャッシュバックされるのが魅力です。

将来ベンチャー企業を作りたい、プログラマーになりたい、という人にお勧めです。

詳しい話は、無料の説明会で聞くことができます。

3ヶ月10万円で受講できる転職特化型Ruby実践研修【ポテパンキャンプ】

第二新卒専門の転職エージェントを活用する

営業や企画、マーケティングといった職種を目指すのなら、第二新卒向けの転職エージェントを活用するのがおすすめです。

フリーターも珍しくはなく、やる気のある若手を必要としている企業が多いので、未経験でも応募できる非公開の求人情報を数多く持っています。

未経験でも応募できる非公開の求人情報というのは、一般的に募集を行うと応募者が殺到してしまうため、第二新卒エージェントに人物のチェックをお願いしているものです。

転職エージェントは、これからのキャリアを一緒に考えてくれる良きパートナーです。これまでに大学中退やフリーター、短期離職といった人たちの正社員への就職をサポートを数多くしています。必ず力になってくれます。

業界最大手のマイナビジョブ20’s



マイナビジョブ20’sは、マイナビグループの第二新卒向けサービスです。マイナビジョブ20’sの適正診断は、自分の強みや得意分野がわかると評判です。

また、大手ならではの人事とのネットワークがあるので、他にはない求人情報を持っていたりするので選択肢の幅が広がります。

マイナビジョブ20’s

就職に向けゼロから学びたいのならジェイック

JAIC(ジェイック)は就職のための研修を提供しているのが特徴です。この研修を受けることで、学歴ではなく人物重視の選考をうけることもできます。

もともと、20代の既卒や、フリーター、そして第二新卒を専門とした就職支援を10年以上も前から行っているので歴史もあり、企業からの信用があります。そのためジェイックの研修を受けた人の実績が積み重なったこともあり、提携企業の数も増えてきています。

そして就職だけでなく、就職後の定着率が高いので、就職だけを目標とするのではなく、大きくキャリアアップをしたいというひとにもいいでしょう。

就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

ウズキャリ第二新卒



ウズキャリのキャリアカウンセラーは、すべて元既卒か第二新卒です。

同じ経験をしているからこそ共感できることもあり、一緒にがんばり応援しくれます。

しっかりとキャリアを考え、書類の準備を行うことで選考の通過率が高いのが特徴です。

自分は何をやりたいのか、それはどのような職種、会社なら仕事にできるのか?、といった考えを深めていくことで書類や面接が通過し内定を獲得するだけでなく、入社後の活躍や自分自身の自信につながります。

【ウズキャリ第二新卒】

第二新卒エージェントneo



会社の名前からして、「第二新卒エージェントneo」と二十代の就職サポートに特化しています。

実際、第二新卒エージェントneoのウェブサイトをチェックしても、フリーターの志望動機の作り方や面接対策といったものの数にびっくりすることでしょう。

まずウェブサイトをチェックしてみると、他にも同じような悩みを抱えている人がいることに気づくはずです。

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

おすすめのはじめの一歩

さて、いろいろな方法を説明しましたが一番最初にやることは、「自分は何をやりたいのか」を明確にすることです。

「自分のやりたいことがわからない」から悩んでいる人もいると思います。遊んで暮らしたい、ゲームだけしたい、何もしたくない、といった人もいます。

やりたくないことをリストアップして、その反対を考えて見る、などアイデアを出す方法もありますが、自分の好きなこと、やりたいことや得意なことがはっきりしない場合は、マイナビジョブ20’sの適性診断を受けて、「自分の得意・不得意」を客観的に判断することをおすすめします。

適性診断は、「良い・悪い」をチェックするものではなく、「得意・不得意」を診断するものです。

実際に受けた人は、自分がなんとなく「得意だ」とか、「やりたいこと」だったものが明確になり自信につながり、希望した仕事への就職につながっています。

マイナビジョブ20’s

また、なんとなくの状態で、「自分のキャリアをプロに相談したい」という人には、「20代の転職相談所」がおすすめです。

東京、大阪、名古屋、横浜の各相談所で、「雑談」から、様々なことの相談にのっていただけます。

未来につながる「あなたらしい働き方」じっくり見つけよう。「20代の転職相談所」



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする