プログラミングスクール[DIVE INTO CODE]

プログラミングスクール[DIVE INTO CODE]とは


株式会社Dive into Code が運営するオンライン+通学講義のプログラミングスクールです。

遠方の方は、ビデオ通話に夜講義のサポートがされています。

未経験の方でもプログラミング修得の手厚いサポートと就職までのキャリアサポートがあるのでスムーズにエンジニア転職への道筋があります。

また、プログラミングのコースは、法人企業研修への導入に使われる実績もあります。

具体的な特徴は、というと、

  • 10時から22時までオンライン掲示板、オフィス自主室への通学が可能
    (オフィスにエンジニアが常駐)
  • オリジナルサービスやオリジナルアプリなどの開発までサポート
  • 転職、就職に向けたサポートの充実

が上げられます。

もちろん、カリキュラムはプログラミングを行う上で必要な問題解決力を養うことができ、講師の教育エンジニアからは実践的なプログラミングを教わることができます。

スクール型のメリットとして、同期と共にモチベーションを維持できるのも重要なことかと。

また、エンジニアが常駐していることで、オンライン掲示板で質問すれば迅速に回答が返ってくるのも、継続できる仕組みの一つです。

プログラミングスクール[DIVE INTO CODE]の就業説明会

DiveIntoCodeでは、定期的に就業説明会も開催されています。

募集要項は様々ですが、プログラミングスクールでの就業説明会ということで、企業側もどのような人が対象なのかはわかっていただけるのがありがたいですね。

プログラミングコースのカリキュラムがしっかりしているからこそ、卒業生は一定のスキルを持っていることがわかり、企業側としても安心感をもって採用を考えるできます。

いいかえればプログラミングをしっかり勉強することが、そのまま就職へとつながるということですね。

プログラミングスクール[DIVE INTO CODE]はこんな人におすすめ


では、実際に通われた方などはどのような人達でしょうか。

  • 専門学校とは違い受講生の約7割が現業をお持ちの社会人
  • 男性の20代~30代が多い
  • IT業界未経験者が約7割
  • エンジニアとしての転職やフリーランスとしての就業を希望
  • と、ITやWebの仕事が未経験の方で、手に職、もしくはものづくりなどに興味のある方が通われているのがわかります。

    上記はメインとはいえ、言い換えれば、女性のキャリア形成の一つとして入学される方も増えてきています。

    スマホのユーザーも男性も女性関係なく多いので、これから学ぶ人は増えていくと思われます。

    DiveIntoCodeの詳細はこちらから。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする