転職エージェント

職歴、経歴に自信がないなら書類選考スキップの面接勝負で正社員を目指せ。

職歴、経歴に自信がないなら書類選考をスキップして面接勝負で正社員を目指すこともできます。

一般的な書類選考の場合、短期離職や空白の期間があると他の候補者と比べられてNGとなるケースがあります。企業としてはできる限り多くの求職者と会いたいのですが、面接をする時間も限られているため優先順位をつけるために書類選考の段階でNGとします。

実は書類選考でNGとなったとしても別の応募方法を経由することで面接に進むこともできます。

例えば、社員の紹介も一つの方法ですね。

もう一つの方法が転職エージェントを経由することです。

第二新卒などの若手の採用の場合、経験も浅いことから書類で判断できない人柄や能力があり、そこで書類選考の代わりに転職エージェントに候補者の選別を依頼するケースがあります。

経歴に自信がないので就職、転職をしたくても動き出せない!という人にはぴったりの手段ですね。

経歴、職歴に自信がない場合のアピールの方法


書類選考をスキップして面接をする求人の場合はどのようなことが選考のポイントになるでしょうか。

ひとつは人柄。

他の選考と同様、書類でチェックできない人柄や雰囲気、自分たちの会社で活躍できるイメージを持てるかを確認します。

一言でいうと「一緒に働きたいかどうか?」ですね。

そのため清潔感があるか、表情は出せるか、ハキハキとしゃべれるか、といった企業ごとの風土にあわせたチェックポイントがあります。

もう一つは、これまでを客観的に判断しこれからに対して前向きに考えられるか、が重要です。

悪い例としては、短期離職や就活をしなかったことを他の人のせいにすること。

「上司が悪かったので」や「やりたい仕事でなかったので」と面接でいわれた場合、企業の面接官は自分たちの企業でも同じような理由で辞めるのでは?と考え面接でNGとなります。

そこで重要なのが、「過去の問題は解決し、新しくスタートするために就活していること」を伝えることです。

短期離職をした場合には、辞めた理由を整理して自分のやりたいことを明確にしたり、上司と会わなかった場合にももしやり直せるならどうすればよかったのか、を考えてから面接にのぞむのが大事でしょう。

書類選考をスキップでき、面接対策を一緒にできる転職エージェント


先ほど、書類選考をスキップするために転職エージェントを利用することを説明しました。

そこで書類選考をスキップできる転職エージェントのおすすめがDYMになります。

DYMは新卒の紹介実績がNO.1の転職エージェントなので、第二新卒やフリーターを中心とした若手の採用にも積極的です。

実際、転職の成功者は5,000人を超え、相談から就職まで96%の方が成功しているとのことです。

しかも、求人情報も2,000件以上有りながら、いずれも正社員採用とのことです。すごいですね。

成長中の企業は何よりもやる気のある若手を求めています。そのため、選考によっては最短1週間で決まったりするケースもあります。

経歴に自信がないので就職したくても動き出せなかった人や、学歴やスキルもなくなんとなくフリーターやニートだった人にもチャンスは広がっています。

まず一歩を踏み出したいと思う人は、DYM就職に相談してみてください。


DYM就職公式サイト

MeetsAgent