オフライン

プログラミングを学ぶにはまず目的を明確にすることから

プログラミングを学びたい。プログラミングを学んで、「twitterにあったあのサービスを自分で作ってみたい」、「こんなウェブサービスがあったらいいな」と思いますよね。

実際にプログラミングを身につける方法は学校に通ったり、本を買って独学で勉強したり、ネットで検索したり色々方法があります。最近では、プログラミングスクールも増えてきたりしていますね。

しかし、プログラミングの学習をはじめたとしても安くすませようとネットや書籍で独学ではじめた人の多くがわからないことがあったりつまづくと辞めてしまいます。

またお金を払ってパソコン教室やプログラミングスクールにいった人も、授業が終わるとプログラミングをしない人が多いそうです。

この記事では、プログラミングをなぜ学ぶのか?の目的を考えることの重要性について説明します。

プログラミングって何を意味していますか?

「プログラミング」とひとことでいっても、ジャンルは様々に広がっています。

ホームページを作るのもプログラミングですし、ExcelのVBAやマクロといったものもプログラムでしょう。銀行のシステムやスマホを動かしているのもプログラムです。

プログラミングを記述するプログラミング言語もHTMLやCSSといったウェブサイトを作るのに使われるものから、動きのあるウェブサイトを作るのに必要なJavaScript、PHPといった言語もあります。

つまり、プログラミングとはコンピューターに動きを伝えるためのプログラミング言語を記述する手段になります。

そのため、プログラミングを使って何をしたいのか?を明確にすることが重要です。

プログラミングを学んで何をするのか?


プログラミングの仕事をしたいのか、それとも友達と一緒に遊べる趣味のレベルでいいのか。それとも将来的にウェブサービスの起業をしたい、といったものまで様々でしょう。

プログラミングを学ぶことだけを目的にすると、モチベーションも維持できず修得するまで続けることができませんが、「プログラミングの仕事をしたい」、「こんなサービスを作ってみたい」といった目的を明確にすると、設計図を書いて、実現するために○○を学んで、、、といった学習を継続することができます。

しかし、ここで大勢の人がつまづく問題があります。

では「どうやって、何を、どの順番で学べばいいのか?」、がわからないという問題です。

プログラミングを学ぶ目的と順番、方法を明確にする


プログラミングを知らない人は、あたりまえですが何をどうやって学べばいいかわかりません。

書籍やウェブサイトには、「はじめての~」といったものがありますが、初学者の場合は書籍を読んだりウェブサイトを順番に進めることができたとしても、オリジナルのウェブサービスを作る経験ができないため、本を読み終わるとそこでプログラミングの学習を辞めてしまいます。

そこでおすすめなのがオリジナルのウェブサービスを作った人に教わることができるテックブーストというプログラミングスクールです。

テックブーストは受講者の目的に応じて、オーダーメイドでカリキュラムを組み立てるプログラミングスクールのため、まずプログラミングを学ぶ目的を明確にすることから始まります。

学べる内容も最新の仮想通貨の技術に使われるブロックチェーンや、人工知能の最先端の物まで幅広く学べる環境が用意されています。

内容やサポートも充実しているのですが、特に力を入れているのが無料の初回カウンセリング。一対一の無料カウンセリングで、プログラミングの目的を明確にしてスクールに通った方がいい人に通ってもらい、他に向いている方法がある場合にはそちらを勧めています。

まず一度、プログラミングのプロフェッショナルの人に相談を乗ってもらうことで、様々なアドバイスを受けてみてください。