スーツを着たこともないフリーターが、正社員に転職して逆転した方法

「理想の転職」の幻想

雑誌を読んだり、電車に乗ったりすれば必ず見かける転職に関する広告。
転職フェアに参加する企業は、誰でも聞いたことのある有名企業。
「自分もそんな会社で働けたら人生変わるのに、、、」と思ったことがありませんか?

でも、人生が変わるっていったいどんな風に変わればいいのでしょうか?

  • お金があればいい?
  • やりたい仕事ができればいい?
  • 人間関係に苦労しなければいい?
  • 定時に帰ることができれば趣味の時間が取れる?
  • 正社員で働いていれば幸せ?
  • 合コンでモテそう?
  • 両親に報告できる?

などなど、人によって価値観はいろいろです。

理想の転職ができれば、幸せになるようなキャッチコピーがありますけど、やりたいこともわからないのに転職活動をはじめても失敗のモト。

この記事では現在正社員で働いている人はもちろんのこと、フリーターや派遣社員でも、自分の望む正社員になれる方法についてお話しします。

いまの仕事はいつまで続けたいの?

働いていると何かしらの不満が出てきます。

例えば、「フリーターもしくは派遣社員で働いているので正社員で働きたい。」というのもひとつの不満でしょう。

  • いつ仕事が無くなるのかも知れない
  • クビになるのかもしれない
  • でもブラック企業には行きたくない
  • 正社員になれば安定する
  • 仕事にやりがいがない
  • 給料の上がる見込みがない
  • 恥ずかしくて人にはいえない

また、なんとなく将来に希望が持てず「不安」とう人もいるのではないでしょうか。

そこで大事なのが、まず現在の仕事、生活の不満は何かを明確にすること。

「仕事があるだけありがたい」、といった後ろ向きの理由で現状を維持するのでは、いつまで経っても変化はありません。むしろ年をとるだけ転職活動では不利になります。
以前は、「3年はガマンしろ」といった話も一般的でしたが、同じくらい「辞めるのなら早いほうがいい」といった意見も増えてきました。

考え方を変えてみてください。

初めての就職活動で就職した場合、「はたらく」イメージは無かったはずです。「就職すること」だけを目標に自分のやりたいことがわからないまま就職活動を行ったのではないでしょうか。
はたらいた経験のある現在だからこそ、あらためて会社に自分の求めているものがわかってきたのではないでしょうか。
また、「やりたいことがわからない」という人は、現在の仕事のイヤなところの反対を理想とするのもひとつです。「給料がぜんぜん上がらない」という人は、「がんばった分だけ給料に反映して欲しい」、「毎日同じことの繰り返しがイヤ」、という人は、「スキルが身につくものがいい」、安定を求めていたけれど、ベンチャーなどやりがいのある仕事がしたい、といったものが出てくるはずです。

自分のやりたいことが現職でできないか?

転職活動を行うにあたって、大事なことが「現職に残ること」もひとつの選択肢だということです。
「転職ありき」で行動を起こしてしまうと、自分のやりたいことを実現するのではなく、現在の仕事から逃げ出したい、といった「転職すること」が目的になりがちです。

本当に自分のやりたいことが現職でも実現できないのでしょうか。

営業系の人であるのならば、働き方に工夫を行うことで実現できるかも知れません。
ただ、業界や業種が自分にあっていない、という人はむずかしいでしょう。また、先輩の給料を見てぜんぜん上がっていないといった会社の体質も自分で変えることはむずかしいですね。

大事なのは、働いている人であるのならば、「現職に残ることも選択肢のひとつであること」を覚えておくだけで、こころにゆとりができてきます。

④解決しようと思ったきっかけ
タイトル: 正直、就職に成功した友人がうらやましい。

もう一つ、就職活動を行う上で大事なのが、自分の感情を大事にすることです。

例えば、SNSなどで、仕事で活躍している人をみてうらやましいと思ったことはありませんか?その時にも、労働時間が長いとブラック企業じゃなくてよかった、と思ったり、楽しそうに働いている人たちを見て人間関係が大変そう、、、と思ったりすることで、転職活動の意欲がなくなることがあります。
転職活動を行うには、すこしでもいいなと思ったら、それを自分の転職活動に結びつけることが大事です。すこしでも結びつきをふやすことでモチベーションもあがります。

転職活動をして成功した人を見た場合、素直に祝福することができると、自分も成功した転職に続くことができますね。

転職活動の仕方がわからない

では実際に転職活動はどのように行えばいいでしょうか。
転職には色々な方法があります。
例えば、友人や知人、親戚の紹介で入社をすること。いわゆるコネですね。
もしコネがあり、その仕事が自分のやりたいことなのでしたら一番簡単な方法です。
デメリットとしては、その仕事が本当にやりたいことでなかった場合、会社を辞めづらいということがあげられます。

また、企業のホームページ上で自分から応募することもできますが、多くの場合、企業からの反応がないという場合が多いみたいですね。というのも人気のある企業でしたら、たくさんの応募者がいるため、書類上優秀な人から採用の検討をされることがあるためです。具体的には職歴や学歴が企業にとってピッタリといったケースです。

もうひとつが転職フェアや転職サイト、転職エージェントといった転職ビジネスを行っている企業を使う方法です。履歴書や職務経歴書の書き方から、面接の対策まで行っている企業があります。

(仮)転職エージェントを利用する

未経験、第二新卒、

非公開求人

ネットで調べれば、、、

「履歴書 + 書き方」、「」
でも実際に練習をしますか?

⑦簡単に解決する方法

若者に特化した転職支援サービス

キャリアスタート
・無料
・20歳のフリーター、既卒、未経験から正社員
・面接成功率70%の実績
・徹底サポート
 履歴書添削から面接対策まで
・利用者の9割が20代
20代のフリーター、第二新卒
これからキャリアアップを実現していこうと考えている方
学歴や正社員歴、年収などは一切といません
営業・販売・接客など

◆おススメの提案の仕方◆
(1)フリーターから正社員になって、年収アップを実現
(2)就職したけど早期の転職をお考えの方へ。自分に合った仕事を見つけよう!
(3)若手専門エージェント。労働環境がしっ

転職エージェントに登録すること
転職エージェントとは?

何ごとも特化したところがいい。
若手・転職に特化した転職エージェントがいい

キャリアスタートの紹介

まずは無料で相談!【キャリアスタート】

事例(客声やビフォア&アフター)

転職エージェント

転職ブックのプレゼント

・転職のコツがつまった当社オリジナル「転職成功BOOK」プレゼント
 1万人の転職相談と、転職成功者の声からできた、「転職成功BOOK」
 あなたらしさが出て、前向きな面接の準備が進みます。ご来社の方へ無料進呈中。

・向いている仕事、求められている仕事がわかる
 専門知識が豊富で技術に強いキャリアドバイザーが、クライアントへの提案力で、あなたの適性や目的にあったお仕事をご紹介することが可能です!

・「受けてよかった!」の声続々。マンツーマン模擬面接。

・スーツが初めて。正社員の面接は初めて。そんな方にぜひ、ご利用いただきたいのがマンツーマン模擬面接。当社の模擬面接は、決して面接方法の押し付けは行いません。皆さんが面接で自分らしく、力を発揮いただけるような内容です。

転職のサポートが充実している

新しいスタートを徹底応援。転職お祝い、差しあげます。
 名刺入れやネクタイなど選べる転職祝い
寮や引越し、住居や生活のことまで相談できる転居サポートもあります。
キャンペーンや引越の支援もしてくれています。