❤ワクワク冬のおたのしみ❤
クリスマス、カニ、おせちなどなどもりだくさん♬
年賀状

【2022年版】最短翌営業日発送 2023年向け喪中はがきのネット印刷会社

イチオシ ネット印刷会社

1位:しまうまプリント
2位:ネットスクウェア
3位:Rakpo

今年親族が無くなったため、年賀状の代わりに喪中の連絡をしないと、、、と思っても初めてのことなのでどうしたらいいかわからない、という方も多いはず。
この記事では、喪中はがきのネット印刷をどこにしようかお悩みに中の方に2022年のランキング形式で解説していきます。

もし迷っている方は、ランキングをぜひ参考にしてみてください。

【2022年版】まだ間に合う!2023年向け喪中はがきのネット印刷


喪中はがきのネット印刷会社を2022年最新版の人気ランキング形式で解説していきます。

1位:しまうまプリント



第一位は、「コスパNo.1」「高品質No.1」「簡単操作No.1」のNo.1三冠のしまうまプリント※。 喪中はがきは年賀状とは違い、それほどデザインに凝る必要はないと思います。そのため、流れもシンプルです。しまうまプリントなら、デザインを選び、注文情報(宛名)を入力することで完成。もちろん低価格で、高品質です。※調査概要:2021年7月期 ブランドのイメージ調査日本マーケティングリサーチ機構調べ


2位:ネットスクウェア ※最短翌営業日発送対応あり



第2位は「ネットスクウェア」。翌営業日に出荷できるサービスあります。また、白黒デザインならば印刷料金も大幅に値下げしてくれていますので、価格を抑えたい人にはおススメです。


3位:Rakpo ※最短翌営業日発送対応あり



3位は、「Rakpo」。”シンプル”に特化している年賀状サイトです。モノクロデザインのシンプルなもの、品格を重視したフルカラーデザイン、薄墨文字を利用した薄墨デザインから選べます。選んで入力するだけの簡単操作。最短翌日出荷のサービスもあるので、急いでいる方におススメです


4位:挨拶状ドットコム



4位は、「挨拶状ドットコム」。引っ越しや季節の挨拶、ビジネスのあいさつ状などに特化したネット印刷会社です。会員は送料無料なので、定期的にあいさつ状を活用する機会がある人に特におすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は喪中はがきのネット印刷会社をランキング形式で解説してきました。もしどれにするか迷ったらやはり「コスパNo.1」「高品質No.1」「簡単操作No.1」のNo.1三冠の「しまうまプリント」がオススメです。より詳細なサービスを公式サイトで確認できますので、気になる方は「しまうまプリント」←をクリックして公式サイトで確認してみてください。